健康茶 【河村農園】 公式ホームページ 国産素材を使った健康茶 有機栽培青汁



大分県広瀬知事(写真中央)と弊社スタッフ。

 日本語 英 語  中国語  韓国語 

有機農産物生産管理者
有機農産物加工管理者
有機農産物小分管理者
 
株式会社河村農園

本社工場 
〒879-3103 大分県佐伯市直川大字下直見1548番地
TEL 0972-58-2670   FAX0972-58-2860
 
第二工場
〒879-0000 大分県佐伯市直川大字上直見字神内田3650番地
TEL 0 972-58-3439 FAX 0972-58-3439

会社の理念
弊社は、国産の原料、国産有機栽培原料、有機ルイボスティー、自社栽培原料などを使用して
本当に安心安全な商品作りを目指して、今年も気を引き締めて従業員一同がんばります。





 TOPページ

 会社の案内

「弊社第6次産業の内訳」

  栽培管理

  生産管理

  一次加工・乾燥ライン

  二次加工・殺菌粉末

  商品製造・最終商品


「 営 業 内 容 」

  商 品 紹 介

  プライベートブランド賜ります。

  社長のブログ

  小次郎日記





新着情報。

2014年5月吉日
かれこれここ二年ほど更新していませんでしたが、情報の発信の大切さ、
ホームページを見てとのお客様からの多くの問い合わせを頂き、WEBサイトの
重要性を感じ戻ってまいりました。
これからもよろしくお願いします。

9月4日

いよいよ有機栽培の大麦若葉の種まきの作業が開始されました。
今年は去年の経験をもとによりいいものが出来るよう工夫しています。
新緑の大麦若葉を皆様のもとに届ける日も近いのではと思っています。

作業風景

7月24日

有機栽培大麦若葉の畑で、緑肥を刈ってます。

映像は、こちらです。

7月13日

新商品のごぼう茶です。

こちらです。

7月12日

有機栽培ケールの収穫作業しています。

こちらです。

6月22日

九州産ごぼうの乾燥風景です。
今度は動画で、こちらです。

来週の火曜日には九州産の玉ねぎ乾燥してみます。
ごぼう、玉ねぎ、健康茶にしてみます。

6月19日

台風一過後の杜仲園です。映像はこちらです。

2012年6月5日

九州産のごぼうの乾燥しました。

ごぼうを、裁断・洗浄・深蒸し・乾燥しました。画像はこちらです。

河村農園産有機栽培グァバの乾燥しました。

動画はこちらです。

有機大麦若葉の殺菌してます。

動画はこちらです。

大分県産有機栽培緑茶を微粉末にしています。

動画はこちらです。

小次郎情報更新です。1,2

2012年3月1日 雨

近頃雨が多くていけません。
さて、3月になった事でもあるし、新商品をどんどんと出していくべく進行しています。
色々と試験も終わり試飲・検査等の段階に入っていってます。私や、スタッフ等で試飲会や一カ月程度使用してみて本当に良いものが出来上がりました。自分自身が利用していて「これはいいと思える商品はいいですね。



2012/01/29

冬の由布岳です。いかにも寒そうです。それと、30日の朝3時頃震度4の地震がありました。


順不動ですが、ご覧ください。去年の夏から撮りとめた動画をアップしてます。全て大分県佐伯市にある河村農園の圃場と工場内での撮影です。



遠赤外線焙煎機で2次焙煎しています。宮崎県のドライアップジャパン製の焙煎機です。
香りが向上するのと、味わいに深みが出ます。
ドライアップの社長が25年間研究した成果がセラミック棒に注入されています。
弊社でも、現在、原料によってのレシピ作りを研究中です。


健康茶の分包作業。


テトラパック機で、テトラパック紐付きの健康茶を分包中です。
三光機械式の機械です。
超音波でフイルムを切りながらシールしていますので、機械の調整が馴れるまで時間がかかります。
弊社ではベテランスタッフが調整します。


商品作成ラインです。化粧箱にシュリンク包装可能です。


青汁の分包作業を行っています。打撃音は、大麦若葉やケール等の微粒子が計量マスや落下シュートに粘りつくのを防ぐため、振動を加えています。
分包されはパックは、1個ずつ金属検知⇒ウエイトチェックにかかって合格した物だけ商品に詰めます。


すくすくと育つ、有機栽培大麦若葉。

「早く乾燥刈り取って、美味しい青汁を作りたい。」っと思っていました。
が、その時、突然の大雨、そして、長雨で根ぐされ。まさに、手痛い洗礼を浴びました。
その後、気温も下がり回復してきて、色よくなってきた、が、その時、突然気温が上昇し、窒素切れ。
本当に、自然を相手にすることの難しさを感じました。


管理機で側溝を切っています。麦は、1〜3まで排水対策です。次が、土壌管理、特に窒素分とPHですね。


発芽した大麦若葉です。播種後3日〜4日で、発芽します。ただ、10月の初旬でしたので温かい日が連続して早かったのでしょう。


播種しています。播種している品種は、二条大麦の「ニシノホシ」です。大分は麦焼酎のメッカですのでこの品種が一番多く栽培されています。10アール当たり15キロ播種しています。

今回は、農協ルートで仕入れていますが、来年あたりから弊社で種子も収穫出来ればと思っている次第です。


いよいよ大麦の播種を行うため、購入した播種機をセットしているところです。


堆肥を散布し、排水や整地をしたと思ったら台風の大雨で圃場が水没。自然の脅威を感じました。


圃場の排水対策として弾丸排水を施した。


乾燥ライン設置風景。カワサキ機工製、食品乾燥ライン。


昨年秋口の有機栽培グァバ園です。良質の葉がきれいです。


圃場に堆肥を撒いています。堆肥は地元のコンポストで弊社仕様で作ったものです。


チョイ短いですが、神気あふれる高千穂神社です。