栽培管理

弊社では現在、有機栽培グァバ、有機栽培大麦若葉、有機栽培ケール、非有機大麦若葉、杜仲、桑を栽培しています。
有機栽培は当然ながら化学肥料・農薬は一切使用していません。また、有機の認定を受けていないものも、一切使用していません。

栽培管理フロー

※写真はクリックにて拡大します。

  • 1圃場の選定・管理

    圃場の選定・管理

    各圃場の住所、面積、最終非有機資材投入日などを記録し、一元管理しています。

  • 2栽培履歴

    栽培履歴

    各圃場ごとに、いつ、だれが、なにをしたか。また、肥料の投入をした場合は、どんな資材を使用しているかを堆肥センターや肥料メーカーに問い合わせ証明書を提出していただいています。種を播いたりした場合は、種子の証明書(納品書)を取っています。

  • 3収穫・乾燥物

    だれが、いつ、どの圃場で何キロ生葉を収穫したかを記録します。収穫した原料(生葉)で、だれが、どこで、どんな行程・方法で乾燥し、何キロの乾燥物を生産したか「生産行程管理記録」に残します。生産した乾燥物に、ロット番号を付け、商品までのトレイサビリティーを開始します。

  • 4荒乾燥葉で保管

    保管の際は、各貯蔵袋に、品名とロット番号をシールで張り付けて、トレイスを間違えないように管理しています。

上記の記録簿は 、その都度1枚1枚手書きで記入し、格付け管理者と生産管理者が確認・捺印しています。
その後、弊社で開発したシステムを使って、データーベース化と仕分け等の省力化を行っています。
※広大な農地であれば、圃場の数が少なく管理がしやすいですが、10a~20a(200m2)の複数の土地栽で培を行っているため、管理する数が増大するのでシステムを開発しました。

〒879-3103 大分県佐伯市直川大字下直見1548番地 TEL 0972-58-2670 / FAX 0972-58-2860

第2工場:〒879-0000 大分県佐伯市直川大字上直見字神内田3650番地 TEL 0972-58-3439 / FAX 0972-58-3439