ごぼう茶

※無漂白ティーパック使用

宮崎県の産地から河村農園自社工場で100%製品(特許製法)した、
おいしくて安心安全な河村のごぼう茶をお届けします。

ごぼう茶

8年前から稼働したごぼう茶乾燥ラインで、試行錯誤を繰り返し、弊社工場で納得のいくごぼう茶ができました。おかげさまで多くの方から「おいしかった。」の声をいただいております。また、安心安全を目標に生ごぼうの段階から商品まで弊社工場で行っております。本物のごぼう茶を適正価格でお客様にお届きでき、なおかつ農家の皆様や弊社従業員も笑顔で商品づくりできる事に取り組んでいます。成分的にも、体に優しくて・健康維持におすすめできるデータが結果として出ております。

※成分の分析は、ノンカフェイン・水溶性食物繊維・残留農薬・栄養成分をすべて河村のごぼう茶で行っています。

ごぼう茶

商品詳細

ごぼう茶
販売価格 1,580円
(送料・消費税含む)
商品名 河村のごぼう茶
原材料 ごぼう
原料原産地 宮崎産ごぼう100%
内容量 無漂白ティーパック
2.5g×60包
保存方法 髙温多湿を避け保存してください。
注意事項 弊社工場では、大豆(黒豆)・大麦の取扱をしています。栽培品ですので季節によって味のばらつきが少しですがあります。
製造者 株式会社河村農園
大分県佐伯市直川大字下直見1548番地
ごぼう茶

河村のごぼう茶 特許製法
おいしいごぼう茶ができるまで

※画像をクリックすると詳細が開きます
  • ごぼう茶

    栽培・集荷

  • ごぼう茶

    洗い

  • ごぼう茶

    AB選別

  • ごぼう茶

    入荷

  • ごぼう茶

    選別

  • ごぼう茶

    裁断

  • ごぼう茶

    洗浄

  • ごぼう茶

    ダイスカット

  • ごぼう茶

    蒸気蒸し

  • ごぼう茶

    一次乾燥

  • ごぼう茶

    仕上げ乾燥

  • ごぼう茶

    ふるい選別

  • ごぼう茶

    遠赤焙煎

  • ごぼう茶

    厚手鉄釜焙煎

  • ごぼう茶

    ティーパック

  • ごぼう茶

    袋詰め

  • ごぼう茶出荷
ごぼう茶

河村のごぼう茶、体に優しい成分とは

水溶性植物繊維は、海草類や果物に多く含まれます。
水溶性植物繊維は、おなかを整え健康維持にお役に立てると言われています。

河村のごぼう茶は手軽に、繊維質をしっかり補給できます。

河村のごぼう茶のTパック1個で作ったお茶500ccの中には、生のキャベツ250g分の水溶性植物繊維が含まれています。

ごぼう茶

■試験所 :食品分析センター(福島県郡山市喜久田町卸3丁目24番)

■分析番号:第22-129250-2-18020689198号 試験報告書(pdf)

ごぼう茶

河村農園のごぼう茶がおいしい秘密

安全にこだわり、宮崎の契約農家さんからごぼうを仕入れています。

ごぼう茶

安心安全にこだわり、宮崎の契約農家さんからごぼうを仕入れています。

ごぼう茶

お召し上がり方

ごぼう茶

急須・マグカップの場合

急須やマグカップなどにティーパックを1包入れ、熱湯を注いでください。お好みの濃さになりましたら、ティーパックを取り出し、お召し上がりください。

ごぼう茶

やかんの場合

やかんに500ccの水とティーパックを1包入れ、沸騰させます。沸騰したら中火にして、5分間煮出します。ティーパックを取り出し、お召し上がりください。そのまま冷やしてもおいしく召し上がれます。

ごぼう茶

水出しの場合

容器にパックを入れ、冷水または水を注いでください。ボトルでは、フタを閉めよく振ってパックに水をしみ込ませると早くお茶が出来上がります。容器のまま冷蔵庫などで冷やして召し上がりください。飲み口はスッキリ、でもまろやかで少し甘みを感じさせてくれます。目安は、パック1個に対して水500cc程度です。1時間程度でお茶が出来上がります。夜、就寝前に冷蔵庫に入れておけば、翌朝にはおいしい河村のごぼう茶が出来上がりです。お忙しい方にはお勧めいたします。 また本商品は水出しに際して、原料による細菌感染の危険性がないように焙煎後に検査を行い、基準(大腸菌群 陰性 一般生菌 3000以下)に合格したものを出荷しています。

ごぼう茶

よくある質問

Q.水溶性食物繊維について

A.食物繊維とは、水に溶ける水溶性食物繊維と水に溶けない不溶性食物繊維があります。水溶性食物繊維は水分をたくさん含んでゼリー状になり、お腹の中をゆっくり進むのでお腹が空きにくく食べ過ぎを防いでくれます。また、油分や糖質を吸着して排出してくれると言われています。腸の中の善玉菌の餌となり、長期的に見て腸内の環境を整える事にもお役立ちできそうです。多く含む食べ物は、海草類や果物があげられます。また、不溶性食物繊維はすじ状の繊維質が多く消化されずに腸に送られ水分を含み膨張し、腸の壁を刺激して排便を促してくれます。いずれも食物繊維は栄養分としては直接的に作用しませんが体のお掃除をしてくれる大切なものですね。

Q.この商品で試験してますか?(ティーパックに入った状態で分析しています。)

A.河村のごぼう茶で次の方法で試験しました。ティーパック1個に対して500ccの水で沸騰させます。沸騰したら火を止め5分間おいた抽出液100ccで検査しました。抽出液100ccに水溶性食物繊維50mgが検出されましたので500cc換算で水溶性食物繊維250mgを結果としています。これは生キャベツ250g分の水溶性食物繊維に匹敵します。私どもも、生のごぼうには食物繊維がたくさん含まれていることは認識していました。しかし、乾燥加工しティーパックにしたもので食物繊維が果たして検出されるのかは疑問でした。ティーパックフィルムにも隙間があるとはいえ繊維質が出てくるのか非常に疑問でしたし、他社のごぼう茶でもティーパック加工後で試験しているデーターは見当たりませんでした。弊社の方針として自社商品でお客様が利用していただく状態で試験する事が大事だと思い実行し公開しています。

Q.どこで分析してますか?

A.ごぼう茶に関しては株式会社江東微生物研究所で行いました。キャベツは文部科学省食品成分データーベースを引用しました。

Q.ごぼうって、漢方で使ってますか?

A.ごぼうの種子を、消炎・解毒・解熱・排膿などに使い、2年生以上のごぼうの根を乾燥させたものを、新陳代謝機能促進・食欲増進・発汗・利尿・鎮咳に使用しています。生ごぼう加工の現場にいると漢方の人参系の臭いがすごくします。それと同様の効果があるわけですね。

Q.主に日本のどこで栽培されてますか?

A.日本で毎年14万トン(生ごぼう)生産されています。そのうち、青森5万トン、北海道1万6千トン、茨木1万5千トン、宮崎9千トンの順位となっています。これを見ても弊社で供給するごぼう茶が品薄になることはございませんが、青果ですので長期の貯蔵には適しておらず、春先などに温度が上がらなかった年は収穫が遅れごぼう茶の生産に影響が出たことが一度ありました。対策として夏場の最盛期に収穫したごぼうを冷凍保存し対応しています。

Q.河村のごぼう茶は、年間を通して同じ味を確保していますか?

A.ごぼう茶の製造販売を開始して原料換算(乾燥重量)70トン程度の物を出荷してきましたが、「今回のごぼう茶は味が少し違う。」といった指摘は年間2から3件ほどいただきます。弊社では、乾燥焙煎が終わった段階で原料の色・香り・味の試験をして合格したものを製品化しています。弊社の中での規定範囲内で出荷しています。しかしながら、天産品である生ごぼうですので春夏秋冬でばらつきが生じてしまいます。規定範囲内にするため原料のブレンドなどを行う場合もあります。

Q.いつ飲むのがよいですか?

A.河村のごぼう茶は水溶性食物繊維が多いのでその特性を生かすためには、食事の前や、食事の際に飲むといいのではないでしょうか。水分を含んだ繊維が少しお腹を満たしてくれるのと、油や糖分を体の外に流してくれそうです。また、このごぼう茶は安心安全でノンカフェインですのでホットやアイスで、お茶・麦茶や水分補給代わりにいただいても結構です。

Q.一日にどれくらいの量を飲めばよいか。飲みすぎると悪いのか。

A.1日の決まった目安はありませんが、ティーパック1個から2個を目安にしてください。食品として流通しているものでも、大量の摂取は反応を起こすことがあるので注意してください。

Q.有機栽培と無農薬の違いは?

A.弊社でも有機栽培認定を受けいている品目がございます。有機グアバ茶を栽培・製品化しています。有機栽培とは、農薬(除虫菊剤や油剤など許可されたものは除き)を使用せず認定された有機肥料を使い、連続3年以上栽培された作物に対して認定されます。認定は農林水産省が許可した認定機関が行います。単に「無農薬栽培」とか、「化学肥料未使用」と書かれたものを見かけますが、これらは、「有機栽培」と表記されたものと違い認定機関から認定されていません。有機栽培認定は、初年度認定されても継続審査が毎年行われ「使用肥料」「栽培履歴」「栽培計画・収穫量」「出荷記録」などを検査されその都度判定が下されています。我々生産者にとっては負担はありますが、安心安全の信頼確保のために頑張っています。

Q.河村のごぼう茶は有機栽培ですか?

A.河村のごぼう茶は、有機栽培ではありません。有機栽培ですと病気や害虫が発生し収量の低下が発生してしまうので、種まき時から生育時にかけて「ごぼう栽培に使用許可されている農薬」を使用しています。農薬の使用に関しては提携先とも連絡を取り合い、出来るだけ低農薬栽培にしています。また、農薬を使用する時期に関しては規定があり収穫時に農薬が残留しないようにしています。

Q.河村のごぼう茶の原料に残留農薬はありますか ?

A.随時はしていないので弊社にて乾燥・焙煎されますが、残留農薬試験をしています。

Q.つくったお茶をどれくらい保存できますか?

A.お茶として保存する場合は、1日から2日程度です。酸化して変色や味の変化があるので早めに召し上がってください。

Q.ごぼう茶を煮出した後、中に残ったごぼうを料理に使用しても良いですか?

A.煮出しや水出しした後の原料は不溶性食物繊維しか残っていません。使用することは問題ありません。味や香りを楽しんでいただくには、パックを破り使用前の原料を料理に使う事をお勧めします。

Q.この商品に使用しているパック紙の安全性は?

A.このパック紙は、製品名称 未晒しヒートパックUBA(製造者日本製紙パピリア株式会社)です。材質は木材パルプ・ポリプロピレン・エチレンポリプロピレン・紙力剤を使用しています。
製造の過程で漂泊剤は使用していません。

商品一覧PRODUCT LIST

お問い合わせフォーム

〒879-3103 大分県佐伯市直川大字下直見1548番地 TEL 0972-58-2670 / FAX 0972-58-2860

第2工場:〒879-0000 大分県佐伯市直川大字上直見字神内田3650番地 TEL 0972-58-3439 / FAX 0972-58-3439